非正規雇用の工場求人で働くデメリット

正社員のようにボーナスや手当が支払われないことも多い

非正規雇用の工場求人で働くデメリットとして、職場によって正社員と同じ条件でボーナスや手当の支給を受けることができず、長く働いても収入が増えにくいことがあります。特に、単純作業の多い工場で働く場合には、非正規雇用のスタッフの基本給も安く抑えられることも多く、定収入のために短期間で転職を考える人も少なくありません。そこで、給料に不満を感じずに非正規雇用として働き続けたい場合には、なるべく業績の良い企業の工場求人を探したり、在職中に業務に関する資格や免許を取得したりすることがおすすめです。なお、非正規雇用の工場求人に申し込みをする前に、就職後の正社員の登用制度の有無について確認を取ることも大切です。

研修期間が短いためスキルを磨きにくいこともある

非正規雇用の工場求人の中には、研修期間が短く設定されているものも少なくなく、在職中にスキルを高めにくいといった問題点もあります。特に、期間限定で大量のスタッフの募集を行っている工場では、業務マニュアルを配布されるだけで採用後すぐに現場で業務を担当するケースも見られます。そのため、工場勤務の経験が少ない人であれば、求人サイトを使って人材育成に力を入れている企業の工場求人を探したり、職場見学に参加をして職場内で先輩のスタッフにサポートを受けられるところを見極めたりすることが肝心です。その他、働きながら専門的なスキルを身に着けたい場合には、職場内の役割分担がハッキリしているところを職場に選ぶと良いでしょう。